ピクトグラムでわかる呼吸器内科

respiresi.exblog.jp ブログトップ

外科治療

所属リンパ節
肺癌取扱い規約に則りリンパ節を郭清する.

c0367011_22393013.jpg
c0367011_22393289.jpg
術前リスク評価
・術後呼吸機能予測
術前FEV1.0 × (19-切除区域)/19 × 1/BSA (m2)
統一した見解はないが,術後予測残存一秒量800 ml,600 ml/m2以上で手術可能と考えられる.
・1秒量<1000 ml,%VC 50%未満ではハイリスク.
・間質性肺炎は肺癌手術で10~30%程度,外科的肺生検では2.6%の急性増悪をきたす報告があり,増悪による死亡率は40~50%.周術期にステロイド,シベレスタット,ウリナスタチン,マクロライドの予防投与が試みられているがエビデンスがない.
・日本の報告では急性増悪9.3%,死亡率43.9%(Sato T, et al. Impact and predictors of acute exacerbation of interstitial lung diseases after pulmonary resection for lung cancer. J Thorac Cardiovasc Surg; 147: 1604-1611, 2014.)
・上記の結果を基にした急性増悪のリスクスコアの論文がある.


Risk Score

5点:History of AE:yes

4点:surgical procedure: others(Wedge resection以外)

4点:CT findings: UIP pattern

3点:Preoperative steroid use: yes

3点:Gender: male

2点:KL-6:>1,000 U/mL

1点:%VC:≦ 80

010点:low risk 10%未満

1114点:intermediate risk 1025

1522%:high risk 25%以上



他科術前紹介
・ 喫煙者は呼吸器合併症のリスクが高く,2カ月以上前に禁煙することが望ましい.
・ 気管支喘息の無治療患者は症状が稀でも吸入ステロイドを開始した方が良い.症状コントロールが悪い場合はPSL 0.5 mg/kg 3~7日間を使ってよい.術前6カ月以内に全身ステロイドを使った患者は,術前にソルコーテフ100~300 mgまたはmPSL 40~80 mgを,術中にソルコーテフ100 mgまたはmPSL 40 mg を8時間ごとに投与.

c0367011_22261563.jpg
・術後肺炎リスク


術式

 腹部大動脈瘤

 胸部

 上腹部

 頚部

 脳外科

 末梢血管

15

14

10

8

8

3

半年で10%以上の体重減少

COPD

全身麻酔

意識障害

脳血管障害の既往

輸血

緊急手術

ステロイド

1年以内の喫煙

飲酒歴

7

5

4

4

4

3

3

3

3

2

年齢

 80

 7079

 6069

 5059

17

13

9

4

スコア

~15

1625

2640

4155

56

0.24

1.2%

4.0%

9.4%

15.3%

身体機能

 全介助

 一部介助

10

6

BUN

 ~8

 2230

 30

4

2

3


(Ann Surg 2000; 232: 242-53より引用)


術式

c0367011_22031660.jpg
http://www.cts.usc.edu/lpg-commonreasonsforlungsurgery.html より引用)


[PR]
by respiresi | 2015-06-29 22:26 | 悪性腫瘍・検診 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード