ピクトグラムでわかる呼吸器内科

respiresi.exblog.jp ブログトップ

薬剤添付文書

・薬剤添付文書に記載された使用上の注意事項に従わずに医療事故が発生した場合には,従わなかったことについて特段の合理的理由がないかぎり過失が推定される.

・「血圧を2分ごとに測定するべき」という添付文書に対し,医療慣行に従い5分ごとにしか測定していなかった点の過失を認められた判例がある.

・添付文書でハロペリドールはアドレナリンと併用禁忌だが,心肺蘇生時の使用では過失なしの判例がある.

・適応外処方は,健康保険との規制であり患者への義務とはならず,適応外でも文献やガイドライン上,十分な根拠があれば使用に問題はない.

・ガイドラインではアセトアミノフェンや塩基性NSAIDsは喘息でも比較的安全に投与できるとあるが,添付文書では禁忌.製薬会社のリスク回避のためだが,実臨床にそぐわない.

・イレッサの添付文書の間質性肺炎の重大な副作用の記載が不十分とする訴訟は,製薬会社と国に責任なしの判決となった(最高裁の上告棄却).



[PR]
by respiresi | 2015-09-05 23:33 | 医療安全・医療倫理 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード