ピクトグラムでわかる呼吸器内科

respiresi.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2016年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

小児期の喘息・喘息性気管支炎は成人COPDのリスク

Outcomes of Childhood Asthma and Wheezy Bronchitis. A 50-Year Cohort Study.

Tagiyeva N, Devereux G, Fielding S, Turner S, Douglas G.

Am J Respir Crit Care Med. 2016 Jan 1;193(1):23-30.

臨床的意義

おそらく数世代の研究者によって成されたであろう,50年以上のコホート研究.先代の先生方の成果の賜です.

Patients

1964年に1015歳であった子供を対象

Exposure

Comparison

Outcome

小児期の喘息性気管支炎(WB)が,COPDのリスクを上げるどうか

結果

小児喘息(CA)COPDリスクを上げる(OR 6.37, 95%CI 3.73-10.94).

小児期の喘息性気管支炎はCOPDリスクを上げる(OR 1.81, 95%CI 1.12-2.91

c0367011_23062978.jpg

by respiresi | 2016-04-30 23:06 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

ICUのファシリテーターの介入は患者家族の抑鬱を減らす

Randomized Trial of Communication Facilitators to Reduce Family Distress and Intensity of End-of-Life Care.

Curtis JR, Treece PD, Nielsen EL, Gold J, Ciechanowski PS, Shannon SE, Khandelwal N, Young JP, Engelberg RA. Am J Respir Crit Care Med. 2016 Jan 15;193(2):154-62.

臨床的意義

不利益を被ることが分かっている群に振り分けてはいけないので,結果が分かるような比較試験を組んではいけないという医療倫理があります.よく倫理委員会が通った,そして家族の同意が得られたなと思います.

Outcome(エンドポイント)の測定が多いので,検定の多重性が問題になるかもしれません.

Patients

死亡率が30%以上で,代替の医師決定権を持つ患者

Exposure

Comparison

2つの病院のランダム化比較試験

患者家族と医師の間を取り持つファシリテーターの有無で比較

Outcome

主要評価項目は,家族の36ヶ月後の抑鬱をPHQ問診票で評価

結果

ファシリテーターの介入は6ヶ月後の抑鬱を減らす.

c0367011_21592728.jpg


by respiresi | 2016-04-30 21:59 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

挿管中のapneic oxygenationは酸素化を改善しない

Randomized Trial of Apneic Oxygenation during Endotracheal Intubation of the Critically Ill.

Semler MW, Janz DR, Lentz RJ, Matthews DT, Norman BC, Assad TR, Keriwala RD, Ferrell BA, Noto MJ, McKown AC, Kocurek EG, Warren MA, Huerta LE, Rice TW; FELLOW Investigators and the Pragmatic Critical Care Research Group.

Am J Respir Crit Care Med. 2016 Feb 1;193(3):273-80.

Patients

ICUで喉頭鏡で挿管された患者

Exposure

Comparison

挿管中の15L/minhigh flow nasal cannulaapneic oxygenation)の有無でランダム化非盲検試験

Outcome

挿管中にパルスオキシメトリーで測定したSpO2最低値と,2分後の挿管の完遂

結果

SpO2最低値はapneic oxygenationの有無で差は見られなかった(p=0.16, 95%CI 7.4-21.6%)SpO2<90%になる率や,SpO2<80%になる率,3%以上下がる率も差は見られなかった.サブグループ解析でも差は出ず.

臨床的意義

挿管中のapneic oxygenationの臨床的意義は否定的.

背景はSepsisでぽっちゃり系が多い.単一施設のlimitationはあるが,ランダム化試験です.単一施設で1年間で頑張っている試験で頭が下がります.他に高流量のnasal high flowを用いている文献もあります.

c0367011_19422191.jpg
(上記より引用)

by respiresi | 2016-04-30 19:43 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

EBUS-TBNAで針が折れた!?

Needle Fracture during Endobronchial Ultrasound-guided Transbronchial Needle Aspiration.

Vial MR, O'Connell JO, Grosu HB, Ost DE, Eapen GA, Jimenez CA. Am J Respir Crit Care Med. 2016 Jan 15;193(2):213-4.

Patients

EBUS-TBNAの針が折れて病変内に残ったという症例報告

概要

気管支鏡で取り除くことはできず,血管内を遊走,塞栓,炎症などのリスクはあるが経過観察とした.



Accidental fracture of EBUS-TBNA needle during sampling of an enlarged mediastinal lymph node.

Tariq SM. Oxf Med Case Reports. 2016 Apr 15;2016(4):59-61.

Patients

EBUS-TBNAの針が折れて病変内に残ったという症例報告

概要

気管支鏡で鉗子で取り除いた.



by respiresi | 2016-04-30 15:35 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

COPDのFEV1低下率


Lung-Function Trajectories Leading to Chronic Obstructive Pulmonary Disease

Peter Lange, M.D., Dr. Med. Sc., Bartolome Celli, M.D., Alvar Agustí, M.D., Ph.D., Gorm Boje Jensen, M.D., Dr. Med. Sc., Miguel Divo, M.D., Rosa Faner, Ph.D., Stefano Guerra, M.D., Ph.D., Jacob Louis Marott, M.Sc., Fernando D. Martinez, M.D., Pablo Martinez-Camblor, Ph.D., Paula Meek, R.N., Ph.D., Caroline A. Owen, M.D., Ph.D., Hans Petersen, Ph.D, Victor Pinto-Plata, M.D., Peter Schnohr, M.D., Dr. Med. Sc., Akshay Sood, M.D., M.P.H., Joan B. Soriano, M.D., Yohannes Tesfaigzi, Ph.D., and Jørgen Vestbo, M.D., Dr. Med. Sc.

N Engl J Med 2015; 373:111-122

Patients

フラミンガム第二世代コホート,コペンハーゲン市心臓研究,ラブレース喫煙者コホート

Exposure

Comparison

コホート研究

コホート登録開始時と研究終了時でFEV1COPDの有無で評価

Outcome

FEV1の経年的変化率

COI

GSK

結果

COPDの定義はGOLD grade2以上.

40歳前に%FEV1<80%では,22年後のCOPD26%.%FEV1>80%では,7%(P<0.001)

研究終了時にCOPDがあったうちの半数は,40歳前のFEV1は正常で,その後53±21 ml/year で急激に低下した.残りの半数は,喫煙曝露は同程度だったが,成人早期にFEV1が低く,27±18 ml/yearで低下した.

Table3

trajectory1は開始時%FEV1>80%かつCOPD発症せず

trajectory2は開始時%FEV1<80%かつCOPD発症せず

trajectory3は開始時%FEV1>80%かつCOPD発症あり

trajectory4は開始時%FEV1<80%かつCOPD発症あり

臨床的意義

trajectory3は喘息合併が多く喫煙本数が多くFEV1低下率が大きい.

trajectory4は喫煙本数が多い.

急激にFEV1が低下するパターン(trajectory3)と,早期から%FEV1が低下するパターン(trajectory4)があるという論文です.


日本語抄録は本家を参照

c0367011_14463843.png
(上記より引用)

by respiresi | 2016-04-30 14:46 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

インフルエンザを症状から診断するには

Does this patient have influenza?

Call SA, Vollenweider MA, Hornung CA, Simel DL, McKinney WP. JAMA. 2005 Feb 23;293(8):987-97.

臨床的意義

この文献自体はレビューです.インフルエンザの症状の感度・特異度・DORdiagnostic odds ratio)やLRlikelihood ratio)を出しています.

結果

それぞれの症状だけでは非特異的で,「発熱+咳+急性発症」

いくつかの文献を合わせていて,発熱の定義などが異なっている.

インフルエンザの可能性が低いものは,熱なし,咳なし,鼻閉なし.

高齢者でインフルエンザの可能性が高いものは,熱+咳+急性発症,熱+咳,熱,全身倦怠感,寒気.可能性が低いものはくしゃみ.


c0367011_18574831.jpg

by respiresi | 2016-04-29 18:57 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

症状からのインフルエンザの事前確率

Development and validation of a clinical decision rule for the diagnosis of influenza. Ebell MH1 Afonso AM, Gonzales R, Stein J, Genton B, Senn N. J Am Board Fam Med. 2012 Jan-Feb;25(1):55-62.

臨床的意義

インフルエンザの症状の感度・特異度からスコアを作り,それにより迅速検査が必要か,抗インフルエンザウイルス薬が必要か推測しています.

迅速検査については「インフルエンザだと分かると診断書が書きやすい」「診断がついて安心」などの賛成意見や,「検査しすぎて医療費がかさむ」「迅速検査陰性でも抗インフルエンザ薬を出すなら検査は不要」などの意見があります.

結果

発熱+咳(2点),筋肉痛(2点) ,48時間以内の発症(1点) ,寒気または盗汗(1点)としてインフルエンザの確率を予測した.


c0367011_18421668.jpg
(上記より引用)

by respiresi | 2016-04-29 18:42 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

抗菌薬の減感作

Drug desensitization. Solensky R. Immunol Allergy Clin North Am. 2004 Aug;24(3):425-43 PMID: 15242719

臨床的意義

様々な抗菌薬アレルギーに対して減感作療法のやり方が記載されています.ペニシリン,キノロン,セフェム,ST合剤など.当院で参考にしたCTRXのプロトコールです.あまり載せると転載になってしまうので,参考にしたい方は是非取り寄せてみてください.

c0367011_18303157.jpg
(上記より引用)

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15242719



by respiresi | 2016-04-29 18:31 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

COPD 経年変化と禁煙

The natural history of chronic airflow obstruction.

Fletcher C, Peto R. Br Med J. 1977 Jun 25;1(6077):1645-8.

PMC1607732

臨床的意義

おそらく禁煙指導に最も引用された論文の1つ.30年以上経った今でもよく使われている.喫煙者が中年のうちに呼吸機能が落ちていれば,要注意.

Patients

ロンドンの3059歳の働いている男性

Exposure

Comparison

感染症イベント,粘液分泌過多など

Outcome

FEV1

結果

喫煙に感受性のある場合,喫煙により急激にFEV1が低下する.禁煙で下がった呼吸機能が回復はしないが,FEV1低下率は通常に戻る.

感染症イベントや粘液分泌過多は気流閉塞を早める要因ではない.

c0367011_15445218.jpg
(上記より引用)

by respiresi | 2016-04-29 15:48 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

CVC挿入部

Intravascular Complications of Central Venous Catheterization by Insertion Site

Jean-Jacques Parienti, M.D., Ph.D., Nicolas Mongardon, M.D., Bruno Mégarbane, M.D., Ph.D., Jean-Paul Mira, M.D., Ph.D., Pierre Kalfon, M.D., Ph.D., Antoine Gros, M.D., Sophie Marqué, M.D., Marie Thuong, M.D., Véronique Pottier, M.D., Michel Ramakers, M.D., Benoît Savary, M.D., Amélie Seguin, M.D., Xavier Valette, M.D., Nicolas Terzi, M.D., Ph.D., Bertrand Sauneuf, M.D., Vincent Cattoir, Pharm.D., Ph.D., Leonard A. Mermel, D.O., and Damien du Cheyron, M.D., Ph.D., for the 3SITES Study Group

N Engl J Med 2015; 373:1220-1229

Patients

ICUに入室した成人患者

Exposure

Comparison

非トンネル型中心静脈カテーテルの挿入部位を,subclavian鎖骨下静脈,jugular頸静脈,femoral大腿静脈 で比較

多施設

ランダム割り付け

Outcome

カテーテル関連血流感染と症候性深部静脈血栓症の複合エンドポイント

COI

関連しない

結果

主要エンドポイントは,大腿静脈は鎖骨下静脈より有意に高く(HR 3.5, 95%CI 1.5-7.8P0.003),頸静脈は鎖骨下静脈より有意に高く(HR 2.195%CI 1.0-4.3P0.04),大腿静脈は頸静脈と同等(HR 1.395%CI 0.8-2.1P0.30).

臨床的意義

nが大きいので小さな差でも統計学的に有意な差として計算されます.血流感染の差は1%もないとみるのか,1%もあるとみるのか,どちらと考えますか?
個人的には,元々の肺疾患に気胸を合併するリスクを避けるために鎖骨下はあまり使っていませんでした.


c0367011_00170692.jpg
(上記より引用)

日本語抄録は本家を参照

http://www.nejm.jp/abstract/vol373.p1220


by respiresi | 2016-04-29 08:30 | エビデンスライブラリー | Comments(0)