ピクトグラムでわかる呼吸器内科

respiresi.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2016年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

経口フェンタニルは呼吸困難に効かないかもしれない

A randomized crossover clinical trial to evaluate the efficacy of oral transmucosal fentanyl citrate in the treatment of dyspnea on exertion in patients with advanced cancer.

Pinna, Bruera, Moralo, Correas, Vargas.

Am J Hosp Palliat Care. 2015 May;32(3):298-304.

臨床的意義

経口フェンタニルは呼吸困難に効かないかもしれない.

nが少ない試験でのnegative studyなので,何とも言えません.

スコアで1点くらいは改善しているように見えますが,プラセボ効果がスコアで3点くらい出ています.

Patients

進行癌13例(肺癌76.9%

Exposure

Comparison

Outcome

二重盲検プラセボ比較

6分間歩行試験後の呼吸困難

経口フェンタニルとプラセボで比較

結果

経口フェンタニルで労作時呼吸困難は改善せず

(上記より引用)

c0367011_01061391.png
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24259406




by respiresi | 2016-05-31 08:30 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

冷風は呼吸困難に効くのか?

論文の結果は賛否あるものの,安価で有害事象がないので試しても良いのではないでしょうか.


健常なボランティアでは,顔に冷風を当てると呼吸困難が改善.

Coldfacial stimulation reduces breathlessness induced in normal subjects.

FreedmanS.

AmRev Respir Dis. 1988 Feb;137(2):492-3.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3605841


冷風機を足に当てるより顔に当てた方が呼吸困難が改善

Doesthe use of a handheld fan improve chronic dyspnea? A randomized, controlled,crossover trial.

GalbraithS, Fagan P, Perkins P, Lynch A, Booth S.

JPain Symptom Manage. 2010 May;39(5):831-8.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20471544


hand-heldfanで呼吸困難は改善せず.

Effectivenessof a hand-held fan for breathlessness: a randomised phase II trial.

BauseweinC1, Booth S, Gysels M, KühnbachR, Higginson IJ.

BMCPalliat Care. 2010 Oct 19;9:22.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20958972


by respiresi | 2016-05-30 08:30 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

死が近い患者にルーチンに酸素投与するのは勧められない

Oxygen is nonbeneficial for most patients who are near death.

Campbell ML1, Yarandi H, Dove-Medows E.

J Pain Symptom Manage. 2013 Mar;45(3):517-23.

臨床的意義

死が近い患者にルーチンに酸素投与するのは勧められない.

試しに投与してみるのは良いだろう,という結論です.臨床試験で効果がなかったからといって,目の前の患者に効果がないとは限らないということです.

Patients

32

緩和ケア病棟,ホスピス,死が近い患者.

心不全25%,COPD34%,肺炎41%,肺癌9%.

挿管・ハイフローセラピー・気管切開は除外.

Exposure

Comparison

Outcome

二重盲検

医療用の空気,酸素,何も流さないを,ランダムに10分ごとにnasalから投与し,呼吸困難(Respiratory Distress Observation Scale)を評価した.

結果

ベースラインのSpO2 93.6%.

84%は開始時に酸素吸入あり.

91%はプロトコルを受容でき,9%は苦痛のため酸素投与に戻した.

酸素投与による合併症はなし.

呼吸困難は変化なし.


c0367011_19555418.jpg

by respiresi | 2016-05-29 08:30 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

末期患者4例でフェンタニルで呼吸困難が改善した

Oral transmucosal fentanyl citrate for dyspnea in terminally ill patients: an observational case series.

Gauna AA, Kang SK, Triano ML, Swatko ER, Vanston VJ.

J Palliat Med. 2008 May;11(4):643-8.

臨床的意義

末期患者4例でフェンタニルで呼吸困難が改善した.

呼吸困難のスコアは改善しているように見えますが,4例のみなので何とも言えません.症例報告の域を出ず,統計学的な検討はできません.

Patients

呼吸困難でホスピス/末期患者病棟に入院した患者4

CPFEまたは肺癌

Exposure

Comparison

Outcome

非盲検

経口フェンタニル

60分間、15分ごとに呼吸困難(VAS),呼吸数,SaO2を評価.

結果

呼吸困難は速やかに改善した.有害事象なし


c0367011_18001041.jpg

by respiresi | 2016-05-28 08:30 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

低酸素がなければ,O2はプラセボ効果くらいしか効かない

c0367011_14285171.png

Effect of palliative oxygen versus room air in relief of breathlessness in patients with refractory dyspnoea: a double-blind, randomised controlled trial.

Abernethy AP, McDonald CF, Frith PA, Clark K, Herndon JE 2nd, Marcello J, Young IH, Bull J, Wilcock A, Booth S, Wheeler JL, Tulsky JA, Crockett AJ, Currow DC.

Lancet. 2010 Sep 4;376(9743):784-93.

臨床的意義

多施設で十分なnがありながら差は有意ではなかったので,臨床的にも差はないと考えて良いのではと思います.

低酸素がなければ,O2はプラセボ効果くらいしか効かないということだと思います.

Patients

239

COPD 64%, 16% 

PaO255mmHg

予後が迫っている

Exposure

Comparison

Outcome

O2と空気2L nasalで割り付け 7日間観察

二重盲検ランダム化比較試験

主要評価項目は呼吸困難(NRS

結果

酸素は空気と比べて呼吸困難を改善しなかった.

酸素も空気も呼吸困難を改善した.

(上記より引用)
by respiresi | 2016-05-27 08:30 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

NPPVは終末期癌において,O2よりも呼吸困難を減らしモルヒネ必要量を少なくする

c0367011_14304677.png

Palliative use of non-invasive ventilation in end-of-life patients with solid tumours: a randomised feasibility trial.

Nava S, Ferrer M, Esquinas A, Scala R, Groff P, Cosentini R, Guido D, Lin CH, Cuomo AM, Grassi M.

Lancet Oncol. 2013 Mar;14(3):219-27.

臨床的意義

NPPVは終末期癌において,O2よりも呼吸困難を減らしモルヒネ必要量を少なくする.

緩和領域の中ではかなり大きな臨床試験です.他の試験よりもモルヒネの使用量が多いです.

緩和ケアとして無理に使えばいいというものではなく,使っても悪くはないという程度のものと思います.

Patients

固形腫瘍,急性呼吸不全,推定予後6ヶ月未満 234

Exposure

Comparison

Outcome

ランダム化比較試験

NPPVO2に振り分け(モルヒネ皮下注あり)

結果

NPPV11%が中止,O2は中止なし.

NPPVCO2蓄積のある患者で,O2より初めの1時間で呼吸困難は有意に急激に改善した.最初の48時間で,モルヒネはNPPVO2よりも少なかった(26.9mg vs 59.4mg).

NPPV中断となる有害事象はマスク不耐性と不安.

(上記より引用)

c0367011_14423035.jpg


http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23406914


by respiresi | 2016-05-26 08:30 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

少量モルヒネはCOPDで呼吸困難を改善する

Randomised, double blind, placebo controlled crossover trial of sustained release morphine for the management of refractory dyspnoea.

Abernethy AP, Currow DC, Frith P, Fazekas BS, McHugh A, Bui C.

BMJ. 2003 Sep 6;327(7414):523-8.

臨床的意義

少量モルヒネはCOPDで呼吸困難を改善する.

便秘のために二重盲検にはならなかったとLimitationにあり.

Patients

48例(COPD88%,癌が6%)

Exposure

Comparison

Outcome

ランダム化二重盲検クロスオーバー試験

プラセボまたはモルヒネ20mg/dayに割り付け

4日間治療し,終了時に評価.

主要評価項目は,朝と夜に100mmvisual analog scaleで評価した呼吸困難,睡眠の質,幸福感,身体活動性,有害事象.

結果

38例が完遂.2例は副作用のため中止.

モルヒネで朝/夜の呼吸困難は有意に改善(6.6/9.5mm).

モルヒネで睡眠の質が改善.

モルヒネの副作用は便秘が有意に多い.呼吸数は差はない(20 vs 21).

(上記より引用)

c0367011_00445891.jpg
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12958109



by respiresi | 2016-05-25 08:30 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

呼吸困難へのモルヒネは10~20mgで良い

Once-daily opioids for chronic dyspnea: a dose increment and pharmacovigilance study.

Currow DC, McDonald C, Oaten S, Kenny B, Allcroft P, Frith P, Briffa M, Johnson MJ, Abernethy AP.

J Pain Symptom Manage. 2011 Sep;42(3):388-99.

臨床的意義

呼吸困難へのモルヒネは1020mgで良い

Patients

83例(COPD54%,癌29%)

Exposure

Comparison

Outcome

持続性モルヒネの最小有効容量(Phase2)と,長期投与(Phase4).

10mg/dayで開始し30mg/dayまで増量.

結果

Phase283

モルヒネ平均16.5mg(中央値10mg)で呼吸困難は改善(VAS 50.3 40.0).

有害事象は傾眠4例,不穏3例,便秘2例で薬剤中止で改善し入院は不要.

Response rate63%

Phase452例で32.4人年.

呼吸困難が10%以上改善.モルヒネ平均14.0mg

有益性は10mgのモルヒネ徐放剤で69.2%20mg23.1%, 30mg7.7%.有害事象で脱落は便秘6例,傾眠4例,嘔気・嘔吐4例で薬剤中止で改善し入院は不要.


c0367011_10264431.jpg


by respiresi | 2016-05-24 08:30 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

患者主体のオピオイド調節は呼吸困難に有効かもしれない

Patient-Controlled Therapy of Breathlessness in Palliative Care: A New Therapeutic Concept for Opioid Administration?

Schmitz A, Schulz C, Friebel U, Hohlfeld T, Bausewein C.

J Pain Symptom Manage. 2016 Mar;51(3):581-8.

臨床的意義

患者主体のオピオイド調節は呼吸困難に有効かもしれない.

欠損値があるのでFriedman検定はできないはずですが記載あり,よく分かりません.試験完遂率が低いです.

Patients

18例の進行癌患者

Exposure

Comparison

Outcome

患者制御のオピオイド静注

主要評価項目は呼吸困難(NRS

結果

1日目 モルヒネ20.3mg,呼吸困難NRS 5

2日目 モルヒネ13.0mg,呼吸困難NRS 4

3日目 モルヒネ16.0mg,呼吸困難NRS 4

(モルヒネ換算)

経過中に9例は死亡時期で中止.1例は意識レベル低下で中止.2例は突然死.6例は満足な病状管理が得られたので中止.

c0367011_00180767.jpg
(上記より引用)

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26578404


by respiresi | 2016-05-23 08:30 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

スライド集

院内勉強会のスライドは,slideshareにuploadしてあります.
著作権に引っかかるものは,公開できませんので悪しからず.
(他の先生が作ったスライドや写真は,それぞれの許可がいるので・・・)

http://www.slideshare.net/k-kajiwara/


by respiresi | 2016-05-22 14:27 | スライド集 | Comments(0)