ピクトグラムでわかる呼吸器内科

respiresi.exblog.jp ブログトップ

呼吸困難 緩和ケアを中心に

呼吸困難への緩和ケアについての院内勉強会の資料です
c0367011_12274552.png

[PR]
# by respiresi | 2016-06-04 08:30 | 緩和ケア | Comments(0)

呼吸困難は死の直前で急激に増加する

c0367011_12294196.png

Do the trajectories of dyspnea differ in prevalence and intensity by diagnosis at the end of life? A consecutive cohort study.

Currow DC1, Smith J, Davidson PM, Newton PJ, Agar MR, Abernethy AP. J Pain Symptom Manage. 2010 Apr;39(4):680-90.

臨床的意義

呼吸困難は死の直前で急激に増加する

Patients

5862例.癌は91.9%

Exposure

Comparison

Outcome

呼吸困難(NRS

結果

癌患者で呼吸困難は死の10日前と3日前に有意に増加.

死の3ヶ月前に,息切れがない患者は50%から35%に減少した.重篤な呼吸困難(7/10点以上)は10%から26%に増えた.

(上記より引用)

c0367011_12284279.jpg

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20413056


[PR]
# by respiresi | 2016-06-03 08:30 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

進行癌の30%弱に呼吸困難がある

Epidemiology and Characteristics of Episodic Breathlessness in Advanced Cancer Patients: An Observational Study.

Mercadante S, Aielli F, Adile C, Valle A, Fusco F, Ferrera P, Caruselli A, Cartoni C, Marchetti P, Bellavia G, Cortegiani A, Masedu F, Valenti M, Porzio G.

J Pain Symptom Manage. 2016 Jan;51(1):17-24.

臨床的意義

進行癌の30%弱に呼吸困難がある.

Patients

進行癌921例(肺癌22.6%,胃・大腸癌33.4%

異なる環境で6ヶ月調査された

Exposure

Comparison

Outcome

呼吸困難(NRS 10段階)



結果

29.3%は呼吸困難あり,その49.8%は呼吸困難のために投薬されていた.

多変量解析では呼吸困難はCOPDで多く,疾患指向型治療を受けている患者と胃・大腸癌の患者で少ない.

一時的な呼吸困難は70.9%にあり,程度は平均7.1(NRS).未治療の一時的な呼吸困難は平均19.9分で,その41%に呼吸困難のための薬が投与.多くの一時的な呼吸困難は労作時.多変量解析では一時的な呼吸困難はPerformance Statusが悪い患者に多く,疾患指向型治療を受けている患者で少ない.

c0367011_22325881.png

[PR]
# by respiresi | 2016-06-02 08:30 | エビデンスライブラリー | Comments(0)