ピクトグラムでわかる呼吸器内科

respiresi.exblog.jp ブログトップ | ログイン

経口フェンタニルは呼吸困難に効かないかもしれない

A randomized crossover clinical trial to evaluate the efficacy of oral transmucosal fentanyl citrate in the treatment of dyspnea on exertion in patients with advanced cancer.

Pinna, Bruera, Moralo, Correas, Vargas.

Am J Hosp Palliat Care. 2015 May;32(3):298-304.

臨床的意義

経口フェンタニルは呼吸困難に効かないかもしれない.

nが少ない試験でのnegative studyなので,何とも言えません.

スコアで1点くらいは改善しているように見えますが,プラセボ効果がスコアで3点くらい出ています.

Patients

進行癌13例(肺癌76.9%

Exposure

Comparison

Outcome

二重盲検プラセボ比較

6分間歩行試験後の呼吸困難

経口フェンタニルとプラセボで比較

結果

経口フェンタニルで労作時呼吸困難は改善せず

(上記より引用)

c0367011_01061391.png
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24259406




# by respiresi | 2016-05-31 08:30 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

冷風は呼吸困難に効くのか?

論文の結果は賛否あるものの,安価で有害事象がないので試しても良いのではないでしょうか.


健常なボランティアでは,顔に冷風を当てると呼吸困難が改善.

Coldfacial stimulation reduces breathlessness induced in normal subjects.

FreedmanS.

AmRev Respir Dis. 1988 Feb;137(2):492-3.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3605841


冷風機を足に当てるより顔に当てた方が呼吸困難が改善

Doesthe use of a handheld fan improve chronic dyspnea? A randomized, controlled,crossover trial.

GalbraithS, Fagan P, Perkins P, Lynch A, Booth S.

JPain Symptom Manage. 2010 May;39(5):831-8.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20471544


hand-heldfanで呼吸困難は改善せず.

Effectivenessof a hand-held fan for breathlessness: a randomised phase II trial.

BauseweinC1, Booth S, Gysels M, KühnbachR, Higginson IJ.

BMCPalliat Care. 2010 Oct 19;9:22.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20958972


# by respiresi | 2016-05-30 08:30 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

死が近い患者にルーチンに酸素投与するのは勧められない

Oxygen is nonbeneficial for most patients who are near death.

Campbell ML1, Yarandi H, Dove-Medows E.

J Pain Symptom Manage. 2013 Mar;45(3):517-23.

臨床的意義

死が近い患者にルーチンに酸素投与するのは勧められない.

試しに投与してみるのは良いだろう,という結論です.臨床試験で効果がなかったからといって,目の前の患者に効果がないとは限らないということです.

Patients

32

緩和ケア病棟,ホスピス,死が近い患者.

心不全25%,COPD34%,肺炎41%,肺癌9%.

挿管・ハイフローセラピー・気管切開は除外.

Exposure

Comparison

Outcome

二重盲検

医療用の空気,酸素,何も流さないを,ランダムに10分ごとにnasalから投与し,呼吸困難(Respiratory Distress Observation Scale)を評価した.

結果

ベースラインのSpO2 93.6%.

84%は開始時に酸素吸入あり.

91%はプロトコルを受容でき,9%は苦痛のため酸素投与に戻した.

酸素投与による合併症はなし.

呼吸困難は変化なし.


c0367011_19555418.jpg

# by respiresi | 2016-05-29 08:30 | エビデンスライブラリー | Comments(0)