ピクトグラムでわかる呼吸器内科

respiresi.exblog.jp ブログトップ

Watch pat 200はAHIは評価できても睡眠Stageの精度は落ちる

The efficacy of Watch PAT in obstructive sleep apnea syndrome diagnosis.

Körkuyu E, Düzlü M, Karamert R, Tutar H, Yılmaz M, Çiftçi B, Güven SF. Eur Arch Otorhinolaryngol. 2015 Jan;272(1):111-6.

臨床的意義

簡易型ポリソムノグラフィのWatch pat 200の有効性と信頼性の評価.

脳波などは測りませんが,睡眠Stageもある程度分かり入院が不要で簡便というのが業者の売り文句です.ただし,AHIは評価できても睡眠Stageの精度は落ちるようです.

「パルスオキシメトリーよりも正確なAHIが出る」程度と考えます.

Patients

OSAS

Exposure

Comparison

Outcome

通常のポリソムノグラフィとWatch pat 200を同時につけて評価.

結果

AHIスコアは有意に強い相関(r=0.802, p <0.001).

睡眠時間とREM睡眠の時間に測定に有意な差あり.

SpO2低下は差なし.

c0367011_18164728.jpg
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24838359


[PR]
# by respiresi | 2016-06-11 08:30 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

呼吸困難 緩和ケアを中心に

呼吸困難への緩和ケアについての院内勉強会の資料です
c0367011_12274552.png

[PR]
# by respiresi | 2016-06-04 08:30 | 緩和ケア | Comments(0)

呼吸困難は死の直前で急激に増加する

c0367011_12294196.png

Do the trajectories of dyspnea differ in prevalence and intensity by diagnosis at the end of life? A consecutive cohort study.

Currow DC1, Smith J, Davidson PM, Newton PJ, Agar MR, Abernethy AP. J Pain Symptom Manage. 2010 Apr;39(4):680-90.

臨床的意義

呼吸困難は死の直前で急激に増加する

Patients

5862例.癌は91.9%

Exposure

Comparison

Outcome

呼吸困難(NRS

結果

癌患者で呼吸困難は死の10日前と3日前に有意に増加.

死の3ヶ月前に,息切れがない患者は50%から35%に減少した.重篤な呼吸困難(7/10点以上)は10%から26%に増えた.

(上記より引用)

c0367011_12284279.jpg

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20413056


[PR]
# by respiresi | 2016-06-03 08:30 | エビデンスライブラリー | Comments(0)