ピクトグラムでわかる呼吸器内科

respiresi.exblog.jp ブログトップ

進行癌の30%弱に呼吸困難がある

Epidemiology and Characteristics of Episodic Breathlessness in Advanced Cancer Patients: An Observational Study.

Mercadante S, Aielli F, Adile C, Valle A, Fusco F, Ferrera P, Caruselli A, Cartoni C, Marchetti P, Bellavia G, Cortegiani A, Masedu F, Valenti M, Porzio G.

J Pain Symptom Manage. 2016 Jan;51(1):17-24.

臨床的意義

進行癌の30%弱に呼吸困難がある.

Patients

進行癌921例(肺癌22.6%,胃・大腸癌33.4%

異なる環境で6ヶ月調査された

Exposure

Comparison

Outcome

呼吸困難(NRS 10段階)



結果

29.3%は呼吸困難あり,その49.8%は呼吸困難のために投薬されていた.

多変量解析では呼吸困難はCOPDで多く,疾患指向型治療を受けている患者と胃・大腸癌の患者で少ない.

一時的な呼吸困難は70.9%にあり,程度は平均7.1(NRS).未治療の一時的な呼吸困難は平均19.9分で,その41%に呼吸困難のための薬が投与.多くの一時的な呼吸困難は労作時.多変量解析では一時的な呼吸困難はPerformance Statusが悪い患者に多く,疾患指向型治療を受けている患者で少ない.

c0367011_22325881.png

[PR]
# by respiresi | 2016-06-02 08:30 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

死亡1ヶ月前に呼吸困難,傾眠,幸福感,食欲不振,全身倦怠感は増悪する

Trajectory of performance status and symptom scores for patients with cancer during the last six months of life.

Seow H, Barbera L, Sutradhar R, Howell D, Dudgeon D, Atzema C, Liu Y, Husain A, Sussman J, Earle C.

J Clin Oncol. 2011 Mar 20;29(9):1151-8.

臨床的意義

終末期の患者さんの症状です.グラフが最後に傾きが変わっているのは,サンプル数が急激に少なくなって正確度が落ちたためと思われます.

Patients

ESAS12196例,PPS8927例(肺癌は33-36%

Exposure

Comparison

Outcome

死に近いときの平均症状スコア(ESASPPS

結果

特に死亡1ヶ月前に呼吸困難,傾眠,幸福感,食欲不振,全身倦怠感は増悪した.中等度~重度の呼吸困難は非肺癌では肺癌患者よりも50%少なかった.


c0367011_22543322.png

[PR]
# by respiresi | 2016-06-01 08:30 | エビデンスライブラリー | Comments(0)

経口フェンタニルは呼吸困難に効かないかもしれない

A randomized crossover clinical trial to evaluate the efficacy of oral transmucosal fentanyl citrate in the treatment of dyspnea on exertion in patients with advanced cancer.

Pinna, Bruera, Moralo, Correas, Vargas.

Am J Hosp Palliat Care. 2015 May;32(3):298-304.

臨床的意義

経口フェンタニルは呼吸困難に効かないかもしれない.

nが少ない試験でのnegative studyなので,何とも言えません.

スコアで1点くらいは改善しているように見えますが,プラセボ効果がスコアで3点くらい出ています.

Patients

進行癌13例(肺癌76.9%

Exposure

Comparison

Outcome

二重盲検プラセボ比較

6分間歩行試験後の呼吸困難

経口フェンタニルとプラセボで比較

結果

経口フェンタニルで労作時呼吸困難は改善せず

(上記より引用)

c0367011_01061391.png
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24259406




[PR]
# by respiresi | 2016-05-31 08:30 | エビデンスライブラリー | Comments(0)